子育て 暮らし お知らせ

札幌市内全区にリニューアルOPEN☆

子育て中のママ必見♪ 「こそだてインフォメーション」

子育てをする中で「困っているけど誰に聞いたらいいんだろう」「こんな些細なことも相談していいのかな」と思ったことはありませんか?そんな時に頼りになる「こそだてインフォメーション」が、各区庁舎にオープン♪
子育て中のママたちが「こそだてインフォメーション」で相談したい事、これから期待する事などを、直接秋元札幌市長へ聞いてみました。お忙しい中、質問にも一つずつ丁寧にお答えいただき、秋元札幌市長の優しいお人柄に触れたひとときでした。

 

こそだてインフォメーションについて

【市長】 市民から、いざ困った時にどの窓口に行っていいかわからない、子育ての悩み事を含めて近くに相談できる方がいない、子育て全般の相談が気軽にできるところがあればいいな、という声があったところから始まりました。今までも区役所や区民センターには保健師がいますし、相談室もありましたが、実際に行ってみると目立たない場所にあったり、相談しづらい雰囲気でした。

そこで今回、各区役所や保健センターの目立つところにワンストップで子育てについてご相談いただける総合窓口「こそだてインフォメーション」としてリニューアルしました。

小さなお子様にはおもちゃや絵本で楽しんでもらいながら、ママは常駐の保育士に気軽に相談できるようにしました。そこで解決しないことはどこに具体的に話をすればいいのかを案内することもできます。

気軽に立ち寄ってくれる場所になるかなと思っています。

 

 

 

 

参加のママから、こそだてインフォメーションに期待すること

【えみママ】 4月から第3子が保育所に行き始めまして、申し込みをするまでに3回くらい保健センターに通ったのですが、全部赤ちゃんを抱っこしていた状態で相談していたので、そこに託児があればいいな、とその都度思いました。

 

【市長】 託児施設があるわけではないのですが、こそだてインフォメーション内での手続きや相談の際には、キッズスペースでちょっと遊ばせながら、保育士と話をすることができます。

【えみママ】 それなら相談しやすいですね!あと、そこで保育所の一覧の資料ですとか、最近札幌でも増えてきた企業内保育園などの会社一覧のパンフレットなどはありますか?

 

【市長】 例えば、「さっぽろ子育てガイド」という冊子があって、ここにはいろんな情報が載っています。こういったパンフレット類を、こそだてインフォメーションに備えています。また「さっぽろ子育てアプリ」というものがあることは、みなさんご存知ですか?企業主導型保育施設などの名称がわからなくてどうさがしていいかわからない場合もあると思います。ここにはタブレットがおいてありますので、一緒にアプリを見ながら保育士がご説明するなど、きめ細かくご要望にお応えできるんじゃないかと思っています。

【さやかママ】 私からの要望ですが、各区に子育てサロンってたくさんあると思うのですが、子育てサロンの普段の様子とか、どういう風に子どもが遊んでいるのかとかが写真で紹介されていたらもう少し安心して行きやすくなるかなと思います。今まで行こうかなと思っていても、普段の様子がわからないので足が向きづらくて…。こそだてインフォメーションで閲覧できたらいいですね。

【市長】 先ほどのアプリや冊子の中に一部写真などが出ていますけれども、各区のこそだてインフォメーションに行かれた時に、「こんな情報を用意してください」というご要望をどんどんいただければ、皆さんの声をブラッシュアップしていろいろ出来ると思います。

【あかりママ】 今回、こそだてインフォメーションというとても素敵な場所ができたのはすごく良いですね。やはり小さい子がいると行く場所はすごく限られてしまうと思うのですが、お母さん同士のつながりも限られていました。このような場所で、お母さん同士のつながりを作ったり、子どもとお母さん同士の接し方が学べるようなイベント予定などはありますか?また子どもの成長が気になるので、専門家のお話も聞いてみたいのですが、そういった方のイベントはご検討されていますか?

【市長】 そういったご要望があれば、子育てサロンをご紹介します。子育てサロンは、子どもたち同士のつながりもできますし、ママたちも自然とネットワークができますので、いろいろなサロンをご案内することができると思います。イベント情報については、紙媒体だと最新情報が入ってこないので、先ほどのスマホのアプリ(さっぽろ子育てアプリ)などで日にち、ジャンル、区ごとで検索ができますし、市からのお知らせ情報を配信しているアプリ(iさっぽろ)でも検索できますので、スマホをお使いの方ですと新しい情報をいつでもご覧いただく事ができます。専門家については、常駐している保育士以外でしたら、保健師や他の専門家も保健センターにおりますので、同じ建物にいる専門家につないでいくこともできると思います。

【ゆうこママ】 私からお聞きしたいのは、仕事を個人でやっているので代わりがいなくて休めないし、頼る人が周りにいないし、子どもが体調を崩したときにとても困ってしまうんです。そういうときに無料か低価格で利用できる子育てサポートとかがあるといいな〜と思っておりましたが、そういった案内がこちらでいただけるといいな、と思います。

【市長】 病院の一室に病後児の預かりをしているところもありますし、ボランティアの方々がご自宅でお子様を外に出さずに見ていただける緊急時のサポート事業があります。お子様によってはアレルギーを持っていらっしゃったりとか、情報がある程度わかっていないと事故があっては困りますので、事前登録をする仕組みになっています。いざというときに使おうと思ったら実は事前登録がいる、という形になっていましたので、保育園の申し込みやご相談に来られた時に一括して事前の申請手続きも今後ここでできるようにして行こうと思います。

【ゆうこママ】 あと、離乳食を月齢ごとに子どもが食べやすいメニューで作るときにどんな献立がいいのかわからなくて…具体的な栄養面とメニューをわかりやすい説明付きで月ごとや季節ごとに冊子やプリントなどがあれば嬉しいです。

【市長】 希望する要望をどんどん言っていただくと「じゃあ冊子を作ってみようか」とか、「時々親子が集まっても
らって一緒に何か作るイベントをやろうか」とか、企画にもつながっていくと思いますので、ぜひ皆様のご要望を今後もスタッフにお伝えいただきたいと思います。そうする事で、こそだてインフォメーションが充実していくのではないかと思います。

えみママ
起業主婦(事務代行業)
3人のママ(長女小1、次女5才、長男8ヶ月)

さやかママ

専業主婦 1歳2ヶ月のママ

 

あかりママ

コールセンター勤務 2人のママ(小4、小2)

ゆうこママ

起業主婦(イメージコンサルタント) 5人のママ(小5双子、小2、2歳、2ヶ月)

 

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧