子育て 暮らし お知らせ

HTBノンフィクション【ごはんだよ。~にじ色子ども食堂~】がいよいよ放送!

5月5日(土)こどもの日
午前10時20分放送

HTB番組紹介はこちら

知っていますか?子ども食堂。

ここ最近「こども食堂」や「こどもの居場所」という場所を聞くことはありませんか?

地域の子どもたちに無料や低額で食事を提供する場所で、その数は全国2,000箇所以上、

道内には100箇所以上にのぼり、広がりを見せています。

みんなで食べるとおいしいね

~あらすじ~

札幌市豊平区月寒に2015年に開設された「にじ色子ども食堂」。

小さな古民家が、月に2回子ども達のにぎやかな声であふれます。

様々な事情を抱えた子ども達が、温かいごはんを食べにやってきます。

ご飯を作るのは、地域の主婦のお母さん達をはじめとしたボランティア。

2階の部屋で遊んだり勉強したり・・・楽しく待っている子ども達は「ごはんだよ!」の声で、一斉に食卓に集まります。

出会いから、巣立ちの春まで。

HTBではカメラを通じて「にじ色子ども食堂」の1年間を見つめ続けてきました。

「親が帰宅する23時が夕食の時間」

「夕食は1人だからだいたいカップラーメン」

ここで見えてきたのは、現在の家族が抱える様々な事情。

でも、それ以上に見えてきたのは

「みんなで食べるとおいしいね」

というシンプルなメッセージでした。

ぜひ子育て中のママたちに見て頂きたい番組です。

取材、ナレーションともに子育てしながら働いているHTB森さやかアナウンサーが担当しています。

約1年間の取材だったそうですが、

森さんもカメラマンも始めはカメラなしで日々子ども食堂に通い、子どもたちと交流していく中で少しづつ信頼関係を築き、番組では子どもたちはイキイキとした表情をカメラの前で見せてくれています。

このお子様たちの親御さんにももちろんご協力を頂いての取材になっています。

「地域ができること」「大人ができること」「親ができること」・・・きっと見る方の立場でいろいろな事を考えさせられるこの番組、

どうぞ、ご家族一緒にご覧下さい。

そして感じたこと、思うこと、ございましたら番組のご感想をお待ちしております。HTBさんに共有したいと思います。

(メールcl@ppi.jpへタイトル「HTBごはんだよ。~にじ色子ども食堂~を見て」、お名前、年齢、お子さまの年齢or学年、感じたこと、ご意見など)

今後クルールとしても子ども食堂について、地域の子育てについて、皆様にお伝えして行きたいと思います。

取材/クルールさっぽろ編集室 編集長 岩館 千園

一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧