pick up レシピ

春野菜のキッシュパーティ【特集】

新しい出会いが増える、この季節。
春キャベツにアスパラ、菜の花など 色とりどりの春野菜を使った
マフィンサイズのキッシュを並べれば、
さあ、楽しいパーティのはじまりです!


 仲の良い友達家族と、それぞれ料理を持ち寄ってパーティをすることが多いという江美ママ。

「夏にはBBQをしたり、冬にはお鍋をしたり。『私はこれつくって持っていくね』『じゃあ、うちはデザート持っていくよ』なんて相談して持ち寄るので、いろんな料理が並びます。ちょっと早めの時間に集まって、子どもたちが遊んでいる間に準備して…。みんなでワイワイ集まって料理を囲むと、おいしいですよね。

私の楽しみの一つです!」  今回はそんな江美ママと颯世くんに、パーティにぴったりなキッシュをつくってもらいました。マフィン型にパイシートを敷き、タケノコや菜の花など具材を入れて、アパレイユを流し込んだらオーブンへ。焼いている間に、おうちをパーティ仕様に飾り付け。と、そろそろ焼き上がりました。

「おいし~い!小さいキッシュって珍しいし、簡単だけどちょっと手間がかかってる感じがして、これが出てきたらうれしいですね。ちょっと飾り付けしてみるだけでも華やか!今度、ぜひやってみようかな♪」

春野菜のキッシュ

好きな具材を選んで、型に入れて焼くだけ!
自分だけのおいしい春野菜の組み合わせ、見つけてみてね♪

基本のキッシュの つくり方

【材料】
直径5cm×深さ3cmのもの10個分
*冷凍パイシート(17.5cm×10cm)…4枚
*バター…適量
*卵…3個
*生クリーム…200cc
*パルメザンチーズ…大さじ1
*塩・コショウ…少々

【下準備】
❶冷凍パイシートは冷凍庫からだし、室温に戻す。
❷焼き型に薄くバターを塗る。
❸オーブンを170℃に余熱しておく。

 

 

イチゴ×生クリームの キッシュのつくり方

【材料】
直径5cm×深さ3cmのもの10個分
*冷凍パイシート(17.5cm×10cm)…4枚
*バター…適量
*卵…3個
*生クリーム…200cc
*グラニュー糖…50g
*イチゴ…10個

 

【下準備】
基本のキッシュと同じ 【つくり方】
❶アパレイユをつくる。ボウルに卵を割り入れ、泡立て器で混ぜる。生クリーム・グラニュー糖を加え、さらに混ぜ合わせる。
❷基本のキッシュのつくり方2-①同様に型にパイシートを敷く。
❸アパレイユを流し込み、170℃に余熱したオーブンで25~30分焼く。
❹完全に熱がとれたら、生クリーム(分量外)を絞り、イチゴを添える。

 

 

 

1.アパレイユをつくる

アパレイユとは、牛乳や卵などの材料を混ぜ合わせた液状の生地のこと。
ボウルに卵を割り入れ、泡立て器で混ぜたら、生クリーム・パルメザンチーズ・塩・コショウを加え、さらに混ぜ合わせます。

じょうずに割れたね!

2.パイシートを敷いた型に 具材とアパレイユを入れる

❶冷凍パイシートを、マフィン型に合うように敷く。底の部分はクッキー型等で丸く抜き、側面は型の深さに合わせて横長に切るとキレイにできます。
❷パイシートを敷いたら、好きな具材を入れ、アパレイユを流し込む。

 

3.170℃に余熱しておいた オーブンで、25~30分焼く

ちょっと、つまんじゃお!おいしいね!

 

江美ママ Emi Mama
7歳の空颯(くりゅう)くん、4歳の颯世(はやせ)くんの2人の子どものママ。フリーアナウンサーとして“DJエイミー”という愛称でイベント・結婚式等の司会の他、地元FM局にてDJを務めるなど幅広く活躍しています。
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧