お知らせ

更年期ナビ(2017年10月掲載)

更年期を乗り切るには?

自分の体と向き合って自分自身をメンテナンスをすることが大切”
知っているようで、意外と知らない自分自身の体のこと。
働く忙しい女性が増えていることもあって、
少々の不調は見過ごしている方も多いのでは?
更年期かな?と不安に思ったら
「簡略更年期指数(SMI)」等を利用し、
チェックをすることをお勧めします。
今の自分を知って、メンテナンスを始めましょう!

※「簡略更年期指数(SMI)」~東京医科歯科大学方式

こころ構え

閉経前から、子宮頸がん検診と乳がん検診を受けるなど、自分の今おかれているステージに注目して健康づくりや、リスク回避に努めましょう。できれば、かかりつけの婦人科(女性のヘルスケアを専門とする婦人科クリニック)を見つけておくといいでしょう。かかりつけの婦人科があれば、更年期が心配な年齢になったときに、「更年期世代になりましたので、症状の軽減や今後の病気の予防や早期発見のために受診しました」といえば、ホルモンの値など更年期を見据えたメディカルチェックを元に、診察をしてもらえます。その結果や症状を相談しながら、早めに対処でき、症状がひどくなる前に治療することも可能です。親身になって相談にのってくださる先生を探しましょう。

セルフケア

更年期対策

〝どう生きたいか?女性の体デザイン学〞元サッカー女子日本代表の「澤穂希」さんは、20代からピルを利用し
排卵ごとの炎症をコントロールすることで、スポーツ選手として体調を維持し、引退してから妊娠のためにピルをやめたそうです。若いころにアメリカで生活経験をされたことも大きく影響しているのかもしれませんが、きちんと婦人科で検診を受けて、医師と相談しながら自分の体をコントロールしデザインすることも大切です。医師と相談しながら的確な判断でする、オーダーメイドの治療で、現在、日本では、飲み薬、貼り薬(貼付剤)、塗り薬(ジェル)が医師の処方する薬として、健康保険が適用されています。漢方・サプリメント等も含めてご自身の体をデザ
インする気持ちで乗り切りましょう。

お薦めサイト

日本女性医学学会
簡略更年期指数(SMI)

佐伯式サロンヴィーナスムーン

〒060-0062
札幌市中央区南2条西18丁目291-222
ステータス大通901号室

☎011-676-6781

 

 

佐伯チズ公認アシスタントマネージャー・美肌師
JPMパーソナルメイクアドバイザー
吉田 美穂先生 

22年勤めたANAを退社後、佐伯チズ氏に4年間師事し、佐伯式美肌づくりとエステを学ぶ。佐伯チズ直営スクール講師、銀座直営サロン勤務を経て、現在は札幌で「佐伯式サロン ヴィーナスムーン」主宰。全国でも数少ない佐伯チズアシスタントマネージャーでもある。また、メイク技術のレベルアップのため、2016年12月JPMパーソナルメイクアドバイザーの資格を取得。

佐伯式サロン ヴィーナスムーン
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧