pick up 暮らし

夏休みに挑戦!「自分でできた!」がうれしい♪ 親子でおかたづけ【おかたづけ日和】


Notice: Undefined index: file in /home/kusanagi/main_html/DocumentRoot/wp/wp-includes/media.php on line 1380

「また出しっぱなしにして!」「早くかたづけなさい!」とついガミガミ 怒ってしまう…。
そんなイライラにさようなら♪ 「子どもが自分でできる」おかたづけ術をご紹介します。

「自分でできた!」を叶える 仕掛けをつくりましょう!

時間がたっぷりある夏休みは、親子でおかたづけに取り組むチャンスです。

子どものおかたづけのポイントは「自分でできた!」を体感できる仕掛けづくり。子どもの目線に立ち、収納ボックスは小さく、しまうモノも少なくしましょう。

どこに何をしまうかわかりやすくするために、ボックスのラベルには絵や写真を使うのがおすすめです。

そして「僕のおもちゃが無くなっちゃった!」「みつからないよ〜」などの「困った!」経験も、とても大切!「困った」経験からたくさんの気づきを得て、おかたづけ上手になっていきますよ♪

ではさっそく、そのためのコツをご紹介していきましょう。

 

「自分でできた!」を叶える子どもとおかたづけのコツ

服は枚数少なめに ブックスタンドで立てちゃおう!

子どもの服をたたんで引き出しにしまう時は、年齢に合わせて枚数を少なめにしましょう。
薄い金属製のブックスタンドを活用し、服が倒れないようにすると、出し入れしやすくなりますよ♪

自分に必要な服の種類や枚数を、子どもと一緒に決めることで選ぶ力が育まれます。

おもちゃは小さな箱へ 1BOXに1種類

なんでも隠せるようにと、つい、大きな箱に収納しがち。

でも、子どもが扱いやすいのは固い素材でできた小さな箱。1つの箱に1種類、とシンプルに分けるだけで、子どももしまいやすくなります。

子どもは自分のものを把握でき、ものがなくなった時に気づく力が育まれます。

絵や写真で わかりやすいラベルを♪

どこに何をしまうのか、絵や写真のラベルにして、わかりやすくしましょう。

写真のように、ズボンの絵を描けば、子どもは「ここにズボンをしまう」とわかります。この仕掛けをつくることで、自分1人でしまえるように。ママがいなくてもおかたづけを続ける力がつきます。

“整理収納”対策術

A~Cのうち、最も多くチェックがついたものが、あなたのタイプ。1つでも該当したらその予備軍かも。

【A】
□ 部品が揃っていないおもちゃがある
□ 「かたづけしなさい!」とつい怒ってしまう
□ ガチャガチャの容器がなんとなくとってある
□ ついつい子どものかたづけを自分でやってしまう
□ レアなおもちゃと聞くと、つい買ってあげてしまう

【B】
□ ゲーム機とソフトが別々の場所にある
□ 子ども部屋から移動してきたものがリビングを占領
□ DVDのケースをあけると違うDVDが入っている
□ 「あの絵本どこ〜?」とよく子どもに聞かれる
□ 子どもの遊ぶ場所が決まっていない

【C】
□ とりあえず大きなおもちゃ箱にいれて隠す
□ 使わないおもちゃもとりあえず一緒に詰め込む
□ 細々としたおもちゃが部屋のあちこちに分散している
□ おもちゃが分類されていない
□ 「とりあえず」置いたモノがあちこちに

【A】が一番多かったあなたは…

“選別戦士キメルンジャー” に変身!
いるモノといらないモノを決めるのは自分! 使わないモノには「ありがとう」を言ってさようならしましょう。

【B】が一番多かったあなたは…

“定位置戦士モドスンジャー” に変身!
「ゲーム」「おままごと」など、使うモノをグループに分けて1つのカゴで管理するのがおすすめ♪

【C】が一番多かったあなたは…

“隠さぬ戦士オープンジャー” に変身!
「とりあえず」が多いあなたは、空きスペースに空のBOXを置くなど、常に2割スペースを空けておきましょう。

 

(この記事はクルール2015年8月号「おかたづけ日和」を加筆・修正して掲載しています。)

整理収納コンサルタント 小堀 愛生(こぼり めぐみ)さん
3児のママ。『SSS-Style+(エスエスエス-スタイルプラス)』主宰。NPO法人ハウスキーピング協会認定講師・二級建築士・キッチンスペシャリスト・インテリアコーディネーター等資格を保有。
一覧へ戻る

関連する記事

カテゴリ一覧