社員が元気に仕事をできるのは、日頃の家族の支えがあってこそ。

「子育てサポート企業」※としても認定されているジブラルタ生命では社員への充実した福利厚生や、その家族に向けた心温まる
イベントが多くあります。
「ランドセル贈呈式」もその中のひとつ。社員のお子さんで、春から新1年生になる子どもが主役のイベントです。
華やかに迎えてくれる会場の入り口を飾るアーチ型のバルーンは全部社員の手作り。
1歩入るとテーブルに並ぶお菓子や飾りの可愛さが目に飛び込んできます。
会場奥のステージ横に並んだランドセルを見つけると、子ども達の目はキラキラ☆
「僕のはどれ?」「私の選んだランドセル!」そんな心の声が聞こえてくるよう。
カラフルで新品のランドセルも早くみんなに背負って欲しいと待っているかのようでした。
司会者からの挨拶に子ども達も元気いっぱいお返事をします。
待ちに待った贈呈式が始まり、ランドセルを受け取ると、一人ひとり
ステージで将来の夢を語ります。
「野球選手になりたい!」
「私はケーキ屋さんになる」
会場は暖かく優しい雰囲気に包まれていました。
社員であり、親である皆さんは日頃仕事で見せる顔とは違い、わが子が
立派に成長した姿を微笑ましく見守る表情 になっています。

家族の笑顔と子どもの笑い声が溢れるランチタイム

ランチバイキングでは子ども達の好きなメニューがずらりと並んでいます。
食事をしながらパパが
「ステージで緊張しなかったか?」
「大丈夫!」
そんなやりとりが聞こえてきます。
ひと段落すると次はジャンケン大会へ。
子ども達がステージの周りに集まり、
司会者と「ジャンケンポン!」
ジャンケンの度に笑い声が会場に響き渡ります。
勝ち抜くとお菓子をもらえるので、子ども達も大盛り上がり。

最後は入学のお祝いの言葉をもらって、ランドセル贈呈式が終了。
出口ではスタッフ一同がお土産を用意してくれているというサプライズが待っていました。
賑やかな音楽と美味しいランチを食べながら、終始楽しく終わった贈呈式。
嬉しそうにランドセルを抱えて帰る子ども達。
家族の素敵な思い出がまたひとつ増えましたね☆

ジブラルタ生命ではこの「ランドセル贈呈式」の他、「KidsDay」として社員の子どもを本社に招き、お仕事体験をしたり、子どもを持つ親向けに「おこづかい教育」セミナーを開催しています。仕事と子育てや家庭での生活の両立、そしてその充実さに向けて多様な働き方が可能となるような環境整備を行い、制度面でも「働く女性」をサポートしています。
そんなジブラルタ生命の女性採用スペシャルサイトをご紹介。
実際に活躍している方々の「働き方」をご覧下さい!
札幌での説明会開催についても後日こちらでご案内します。

ジブラルタ生命女性採用スペシャルサイト